ホーム > 塗装事例集 > [戸建て] 東京都 北区 外壁フッ素塗装・シーリング工事
T様・K様邸

塗装事例集

[戸建て] 東京都 北区 外壁フッ素塗装・シーリング工事
T様・K様邸

東京都北区

塗装に至った経緯

20年間ノーメンテナンスだったのでシーリングの劣化、色褪せが目立っていたので塗り替えを検討しました。

塗装後
大変きれいになりました。
大変きれいになりました。
塗装前
色あせが目立っていました
色あせが目立っていました

物件データ

物件所在地 東京都北区 建物種類 鉄骨造ALC
階数 3階建 延床面積
築年数 約20年 塗装履歴 無 今回初の塗替え
依頼の
きっかけ
20年間ノーメンテナンスだったのでシーリングの劣化、色褪せが目立っていたので塗り替えを検討しました。
塗装した個所
建物素地 屋根 シングル葺 使用した塗料 屋根 [下塗り:サーフェーサー]
シングルサーフ
[上塗り:シリコン系塗料]
ファインシリコンベスト
外壁 ALC 外壁 [下塗り:エポキシ変成微弾性]
KFフロンWサーフ
[上塗り:水性フッ素塗料]
KFフロンW100
シーリング
工事
ALCジョイント目地 
塗装以外の
工事
工事金額 非公開
工事日 2013年11月 工事日数 2週間
工事内容 高圧洗浄=ALCジョイント目地シール増し打ち=変成エポキシ微弾性下塗=水性フッ素塗料中塗=水性フッ素塗料上塗

担当者・お客様の声

江戸 秀人
担当者

江戸 秀人

担当者 コメント

20年間ノーメンテナンスだったのでシーリングの劣化、色褪せが目立ちました。高耐久のご相談があったので水性フッ素【KFフロン】を御提案致しました。広さが際立ち建物が大きく見えるようになりました。

お客様 コメント

施工前写真

施工写真

  • ALC板のジョイント目地が劣化していたため、シーリング剤の打ち増しをしました。
    ALC板のジョイント目地が劣化していたため、シーリング剤の打ち増しをしました。
  • ←同左 拡大写真
    ←同左 拡大写真
  • ALC欠損部の補修工事 欠損部施工前
    ALC欠損部の補修工事 欠損部施工前
  • 欠損部プライマー塗布
    欠損部プライマー塗布
  • 欠損部補修完了 樹脂モルタルにて欠損部補修     【埋め戻し】
    欠損部補修完了 樹脂モルタルにて欠損部補修     【埋め戻し】
  • 外壁下塗施工中
    外壁下塗施工中
  • [施工中]中塗施工中
    [施工中]中塗施工中
  • [施工中]上塗施工中
    [施工中]上塗施工中
  • [完工]
    [完工]
お客様のライフスタイル ニーズに合ったご提案をさせて頂きます。

[対応エリア]

東久留米市、西東京市、清瀬市、小平市、東大和市、東村山市、武蔵野市、小金井市、国分寺市、東京都23区 さいたま市、所沢市、新座市、朝霞市、戸田市、和光市、横浜市、川崎市 など。

[対応可能な工事]

外壁塗装・屋根塗装、遮熱塗装、断熱塗装、光触媒塗装、屋上防水工事、コーキング(シーリング)工事、外壁・屋根の修繕、各種リフォーム工事 など

[対応可能な建物]

戸建住宅、アパート、マンション、工場、倉庫、店舗、オフィスビル、各種商業施設 など